現代書道研究所とは

 

現代書道研究所は、創設者 中島司有 の提唱する「書の世界は無限である 無限への挑戦」を理念として、昭和42年の設立以来、さまざまな活動を続けています。
作家精神の自由と独立を尊重するため、アンデパンダン書道展を昭和43年から14回開催。
そして、昭和54年からは、全国規模の公募展「日本書展」を開催しています。
これからの日本書道の興隆発展のために「日本書展」の名のもとに昭和54年から、全国規模の公募展を開催しています。
昭和63年には、文字の祖国中国において、海外展を開催、きわめて本格的な水準の高い書展であると高い評価を得ました。
中国・日本の古典に根ざした科学的な書の造型をもとに、21世紀における「書」とは何かを追求していますいたします。
その他、研究会・講演会・講習会・出版・その他、書についての色々な仕事を手がけています。

 

現代書道研究所HP